threewholebuffalo

元空き巣だった叔父の窓ガラスへのこだわり

hammer_glass
大きな声では言えませんが、私の叔父は元空き巣です。母はいまどき珍しい7人兄弟なので、そんな職業の人が居ても不思議はありませんよね。あ、職業と言いましたが、もちろん今はもう足を洗い、真っ当な職に就いていますからご心配なく。

この叔父なのですが、やはり元空き巣だっただけあり、窓ガラスへのこだわりが半端ありません。家族や友人知人が引っ越したり、家を新築すると言う時には叔父の出番。頼まれもしないのに、その物件を見に行っては、防犯の観点から、窓ガラスについて色々アドバイスします。私が大学進学で借りたアパートにも来て、この窓ガラスだと心配だから交換してもらえと言われた時は、ありがたいけれど困りました。ただの賃貸アパートでしたから。

その私も結婚して、今度夫と新居を建てることになりました。夫の実家がほとんど資金を出してくれますし、建てる土地も夫の実家の土地ですけど。その新居の新築に際しても、叔父は黙っていません。設計の段階から窓の位置、窓ガラスの機能にまでこだわって、意見を言ってきます。私は正直面倒臭いのですが、なぜか夫は叔父と気が合うようで、夫は叔父の意見を頼りにしているようです。お金を出すのは夫の実家なので、夫がいいならそれでいいんですけどね。

最近の窓ガラスは、ちょっとやそっと、ハンマーで叩いたくらいじゃ割れない強いものがあるようですね。昔ならひと突きで割れ、鍵を開けるのも簡単だった窓ガラスが、今は叩いても叩いても小さく穴が開くだけで、割れず、手を入れられないので鍵も開けられないという窓ガラスがあるのです。また、厚みがあって騒音を防ぐとか、日焼けしないで済む、紫外線防止タイプというのもあるようです。機能が良ければそれだけ価格も高くなるようですが、長い目で見れば安心を買うために、必要経費かもしれないですね。