threewholebuffalo

暑い日には保温性のある窓ガラスは仇だと思う

warm_glass
我が家は全員標準体重よりも重いデ…もとい、ぽっちゃり家族である。おまけに全員仲がいいので、全員でダイエットを強く決意しては、誰か一人が脱落すると仲良くみんなで脱落してしまうようなところがある。まあだからこそ毎日楽しく過ごしていられるので、よくも悪くもなあなあな家族であるのは間違いない。

そんなぽっちゃり一家にとっての強敵は、何といっても「暑さ」である。冬は活発になる我が家だけど、夏になると途端に日本の動物園に無理やり適合するように強いられているシロクマ状態になってしまう。すぐにエアコンをつけたくなるし、つけたらつけたで設定温度を低くしてしまいたくなるし、さらに涼しい部屋で食っちゃ寝の生活をするのでどんどんぽっちゃり化は進行する一方である。

我が家はおととし新築の一戸建てを購入したばかりなのだが、最新の設備のうち一つだけ我が家を苦しめているものがある。それは保温性のある窓ガラスである。標準設備として今ではどこでもついているものらしいけれど、暑いのが苦手な我が家にとっては正直いらないものだったんじゃない…?と思うことが多々ある。暑い日には保温性のある窓ガラスは仇だと思うからだ。
まるで煮えたぎるお湯が入ったかのような魔法瓶の中に閉じ込められたシロクマ一家は、エアコンのついている一つの部屋にみんなで集まり何とかその夏を乗り切るのである。