threewholebuffalo

ワイヤーが入っているガラスを自宅の窓に入れてみたい

wire_glass
結婚して5キロ太り、長男を出産して10キロ太った。これはいかんと一念発起して10キロ痩せたものの、次男を出産して再び10キロ太った。それから思い立つとダイエットしたりリバウンドしたりの繰り返しである。

こんな風に膨らんだりしぼんだりをここ10年の間に何度も繰り返しているので、すっかりワイヤー入りのブラとは縁が無くなってしまった。その代りにどんな体型にもフィットするブラトップが今の私を優しく包んでくれている。でもワイヤー入りのブラをしているときの方が、何となく気持ちがビシッとするし、体型が崩れにくいとも聞くから、早く体重を(いい方に)安定させてまたワイヤー入りにしようと思っている。

どうしてそんなことを思ったかというと、我が家では今、ワイヤーが入っている窓を自宅の窓に入れようかという話が出ているからだ。ワイヤー入りの窓は火災が起きたときに割れにくく、火災の延焼を防ぐ効果があるそうで、防火地域ではワイヤー入りガラスを使用することが建築基準法で定められているらしい。今住んでいる家は防火地域ではないのか、建築する際に特にワイヤー入りガラスについての言及はなかったのだけど、住宅密集地であることにかわりないので、防火については私たちの意識は高い方だと思う。

そんなわけで何か起きる前からワイヤーガラスに替えて万が一の火災に備えたいと思っているのだ。それに私の勝手な思い込みかもしれないけれど、ワイヤー入りガラスは防犯面でも普通のガラスよりはいい気がするので、家を守ってくれそうな気がする。是非ともワイヤーに私の体型と家を守ってもらいたいものである。